情報のソース

〔分析対象データ〕

1975年以降
主要死因の死亡数(人口動態統計)
国勢調査人口

〔分析項目〕

全国・都道府県別、男女別の死亡率
主要死因(自殺、肺炎、脳血管疾患、心疾患)

〔方法〕

中村のベイズ型Age-Period-Cohortモデルに基づく
3効果の推定値とその応用

〔関連文献〕

① 年齢・時代・世代効果 (pdf

② 地域特性 (URL , pdf)

③ 都道府県別格差と性別格差 (URL

④ リスクマップ (URL

* 年齢・時代・世代特性の視点で考える健康施策・健康推進活動
― 集団戦略と高リスク戦略に人口動態統計を活かす ―
統計数理研究所 調査科学セミナー: 継続調査の活用シリーズ2
講演資料